気になる体臭予防のエチケットと対策

暑くなり、汗をかく季節になると、体臭が気になります。
特に通りすがりの人や近くにいる人の体臭を感じると、自分自身にも可能性があることだと認識し、エチケットとして心がけたいと思っています。
汗をかいて気になるのは脇からの臭いです。
やはり体臭が強い場所にあるため、自分自身がわからなくても、人には不快に思わせる可能性がある部分だと思うからです。
まず、朝の着替えの時点でロールオンタイプの制汗剤を脇に塗ります。
スプレータイプもありますが、ロールオンタイプの方がしっかり汗も臭いも防げます。
無香料よりも微香性の方が汗をかいた際にも、においがわかりにくくおススメです。
それでも汗はかいてしまう場合はあります。
その際には携帯用のスプレータイプの制汗剤を持ち歩いておき、気になった時にトイレなどでさっと使います。
それだけで不快感も減りますし、臭いも軽減出来て安心です。
自宅に戻れるタイミングがあれば、汗をかいた時点でシャワーで汗を流すのが一番の体臭予防だと思います。
その際、時間があれば石鹸やボディーソープで脇の部分を軽く洗い流すと更にいいです。
自分自身は石鹸の方が好きな香りが多いため、石鹸を好んで使っています。

また、汗がついた衣服は着替えて清潔に保つ点でも体臭予防には効果的です。
それが出来ない場合はシートタイプの汗とりシートでさっと拭いてリフレッシュするのもお手軽です。
今はコンビニやドラックストアなどで手軽に制汗剤やその関連の体臭対策グッズが購入できます。
普段からエチケットとして心がけたいです。

夏が来る前にしっかりむだ毛ケア!

今年もムダ毛ケアの季節がやってきました!
私がこの時期一番気になるムダ毛箇所は、腕、指、脚の毛。
もちろん、ワキやVラインなんかも気になりますが、この辺の太い毛はしっかり脱毛などで対策してあります。
腕毛、指毛、脚毛などの毛が細い箇所、夏場は処理が気になりますよね。


基本的には細い毛は剃っています。
本当は根こそぎ脱毛したいところなのですが、細い毛の脱毛は難しいですよね。
カミソリで剃って処理しているんですけど、肌がカミソリ負けしてあれてしまったり、剃った後がジョリジョリして、他の人の肌と触れると剃り跡がバレてしまったり…。

そこで最近は、剃ったあとのケアとして、脱毛後の対策用のジェルを使用しています。

まず、脱毛後の敏感になっている肌をしっとりと保湿し、カミソリによるダメージをやわらげてくれます。

しかも、毛の発育を遅らせる成分が入っているため、毛の生えるスピードが遅くなるんです!
さらに、剃った毛をコートしてくれるのか、剃ったあとのジョリジョリ感が無くなるんです。

ムダ毛ケア後のジョリジョリに悩まされている方は、ぜひ、処理後のケアをおすすめします!

http://ムダ毛ローション.com/

デリケートゾーンはその名の通り、デリケートなので扱いは慎重にしましょう

夏冬関係なく、デリケートゾーンには気を使います。

デリケートゾーンの臭いで一番気になるのは尿の臭いです。いくらウォシュレットで洗っても、臭いは取れない時があります。
大半は気のせいとも言いますが、膀胱炎になったら尿の臭いがきつくなるとも聞きますので、もし排尿後に痛みを伴う場合は膀胱炎を視野に入れ、いつもより水分を多くとるようにしています。特に夏場は汗となって水分が流れてしまい、尿量が減って膀胱炎にもなりやすいので注意が必要です。

また、臭うからといって、入浴の際に石鹸でごしごしと洗うのは良くありません。体に必要な菌まで取り除いてしまい、デリケートゾーンを痛めてしまうからです。
私はデリケートゾーンも洗えるという泡石鹸、コラージュフルフルを使っています。値段は張りますが、デリケート部分だけなので、持ちは良いです。それでもあまり1日に何度も洗うと逆効果です。デリケートゾーンがひりひりしてしまいます。

そしてお風呂上りは、しっかり陰毛を乾かすことです。乾く前に下着をつけると、蒸れてかゆみの原因となります。また、あまりにも陰毛が多い場合はカットするのも有効です。剃るとチクチクするので、ハサミで適当にカットする方が気分が良いです。

デリケートゾーンのかゆみみがあるときは、パンツよりスカートの方が風通しがあって良いです。その時、ストッキングは履かないようにしています。

尋常ではない痒みがあるときは、カンジタの可能性があるので病院に行きましょう。カンジタは白っぽいおりものが出ると言いますが、初期段階にはそのようなおりものは出ません。婦人科で診察してもらい、その上でかゆみ止めを貰っておいた方が、市販薬より効き目があります。

石鹸でシャンプーすることの良いこと悪いこと

もうここ5年くらいはほぼほぼ石鹸をシャンプー代わりに、というか、一つの固形石鹸で頭の先から足の先まで洗っています。
これを始めたきっかけは、引っ越しの少し前にシャンプーがなくなり、「もう1本は使い切れないな…ネットで見たこともあるし、体を洗う石鹸もあるし、石鹸シャンプーはじめてみよう」と思ったことがきっかけでした。

実際石鹸シャンプー初めていいなと思ったところは、シャンプー後のぬるぬる感、コンディショナーあとのぬるぬる感が無いのが一番気に入りました。
また、お風呂場に置いて置くのは石鹸一つくらい。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ…と並んでいたころに比べ浴室がすっきりし掃除も楽でした。

悪いことは、やっぱり石鹸でシャンプーしっぱなしだとパサつきが気になること。でもこれは、クエン酸(お酢も可)を溶かしたお湯でリンス(石鹸シャンプー・リンス)することで、一気に髪の様子が変わるのが分かります。しっとりするというか、重くなるというか。また、石鹸シャンプーをしている時にヘアオイルを混ぜたり、保湿力の高いいい石鹸を使ってみたりすればパサつきが抑えられます!

娘がエステサロンに行きたいと言ったら

ムダ毛を薄くする方法

子どもの脱毛処理といっても男の子と女の子では、大分事情が違ってくるとおもいます。女の子なら年頃であれば悩むものなんでしょう。

もし、自分の娘がエステサロンに行きたいといったら父親としてどんな対応をするだろうか。できるだけネットや図書館で美容の知識を得るように努力して、自分自身でやってみるように言います。自分自身でやるなら、道具は買ってあげてもいいと思っています。

どうしても行きたいと言い張るのであれば、バイトのできる年頃なら自分でバイトしてエステサロン代を稼いで自分でいきなさいと言います。自分で稼いでいく分には文句はありません。

女の子であれば、毛深いという場合であれば、かなり悩むだろうから難しい問題です。エステサロンなどは、幼いうちであれば新陳代謝も活発ですから必要ないと思っています。そこに関心をむけるのではなく、内面からのケアで美しくなろうとしてくれるなら嬉しいのですが、自分の若かった頃を考えてみても、そんな成熟した考え方は年寄り臭いといって却下されてしまうのでしょう。

フェイシャルエステでアンチエイジングケア

アンチエイジングのために毎月2~3回フェイシャルエステを利用します。
セルフケアでは行き届かないところをサロンでケアしています。
エステだと、機械で美容液を導入したもらえたり、自分ではできないマッサージをしてもらうことでリンパンの流れが良くなり老廃物が流れアンチエイジングケアができると思います。
フェイシャルエステに行くと肌がモチモチ潤い、セルフケアではできない保湿をしっかり保つことができます。
続けることが大事だと思いますし、そうすることで今後に大きな違いが出てくると思います。
フェイシャルとデコルテ、ほか、ヘッドマッサージや背中などボディケアも含めてできるだけ定期的なトリートメントはアンチエイジングケアに大変効果的です。
毛穴やリップエステ、シミのケアなどオプションも入れるとさらにアンチエイジングケアできます。
エステに行かない時は、毎日、自宅でできるだけオーガニックの質の良いコスメを使うと肌にすごく効果があります。
特に敏感肌のスキンケアはオーガニックでやるのが一番です。

緑茶療法で爪水虫の症状が改善されました。

うつらないように足に触れるものには最新の注意を払っていましたが、旦那の水虫が私にうつってしまい足の爪の先が白く変色し始め病院に行くと爪水虫と言われました。

治療は主に内服薬と塗り薬が基本ですが妊娠中で内服薬は難しく、通院している病院の処方された塗り薬を塗っていましたがあまり効果がなかったので悩んでいた時に遊びにきた母親に相談したところ緑茶を使った民間療法を教えてもらい試してみました。

緑茶に含まれたカテキンは殺菌・消臭作用が強く水虫の大敵でもある白菌にも効果があると言われ、洗面所などに緑茶を入れて足をつけたり緑茶を入れたガーゼを患部にあてたりと飲料後の緑茶を再利用することで簡単にできます。

さっそく爪と足の皮膚の間や爪の根元を中心に患部を覆うように緑茶を染み込ませたストッキングを足に巻いたり、緑茶で足を殺菌してから薬を塗ったりなど色々と試してみたところ1ヶ月程で徐々に症状が改善する効果が見られて民間療法のすごさを実感しました。

まだまだ完治までには至りませんが、根気よくこれからも続けていきたいと思います。

私のニキビ跡改善方法について

ニキビ跡ができると、肌がきたなく見えてしまってとても嫌なものですよね。
私も大人ニキビができて、跡が残ってとても悩んでいた時があります。
ニキビができるとすぐに治したいと考えてしまって、つぶしてしまいさらに悪化させてしまうことも、多々ありました。
また年齢とともに、ニキビをつぶした跡が治りにくくなってしまい、さらに肌がきたなくなってしまったのです。
これは悪循環だと考えて、ニキビの改善やニキビ跡消えるためにはどうしたらよいのか調べて見ました。
まず、大人ニキビが出来る原因は、毛穴に皮脂や汚れがたまってしまうことです。
そのため洗顔はとても重要になります。
私は、それまで疲れてしまったらメイクをしたまま寝てしまうということも多かったのです。
そのため毛穴に汚れがたまっていたようです。
そして肌の乾燥です。
肌は乾燥してしまうと乾燥を防ぐために、皮脂が乾燥を防ごうといつも開いた状態になってしまったり、また乾燥によって肌が薄くなって毛穴が硬くなって閉じなくなって、皮脂が貯まりやすくなってしまうそうです。
今までそのようなことは全く知らなかったので、スキンケア方法を見直さなければいけないと思いました。
メイク後にはクレンジングと洗顔をしっかりと行うようにしたのですが、すっかり肌が薄くなっていたので、肌を作るという目的の自然派化粧品に変えてケアするようにしました。
それが効果が出たのか、以前よりもニキビはかなり減少してくれました。

コラーゲン配合のクリームはかかせません

大きく気になるようなシワは出ていませんが、それも時間の問題だと思います。
年を重ねていけば必ず表れてくる老化現象ですし、年を重ねていく度に肌の衰えというものを感じています。
逆らうことはできなくても、その年代にしては綺麗だよといわれるような肌でいたいと考えています。
そんな風に考えている私ですが、注意して選んでいる化粧品があります。

それは、コラーゲンが配合されている化粧品を選ぶことです。
コラーゲンは肌の張りや、つやに重要だと考えているからです。
そして、アンチエイジングも意識して選ぶようにしていますので、そちらの成分も配合されたものを選んでいます。

肌に張りや、ツヤが出ることで肌を持ち上げる力になると信じています。
年によるものには逆らえずともそれを改善し、毎日を耐えうるだけの力もつけてくれるのではないかと考えていまして、コラーゲンなどは食物からでも摂取しやすいですし、それに加えて化粧品で配合されてもいます。
毎日摂取が難しくても、化粧品ならば毎日でも使っていけますよね。
少しでもよくなるように、肌が上を向く力を得られるようにとコラーゲンが配合された化粧品を使ってシワ対策を続けています。